令和元年高岡市歯科医師会学術講演会

 

日時: 令和元年8月25日(日)9:30 ~12:30

場所: ウイングウイング高岡 503研修室 

 高岡市歯科医師会では、令和元年の学術講演会として、日本歯科大学生命歯学部名誉教授 代居 敬先生をお招きして、残暑残る高岡にて、「パノラマ撮影法の基本から診断まで」をご講演いただいた。以下要約。

 パノラマの撮影原理は、魚拓をイメージすると解り易い。下顔面の撮影を考える場合に、顔面側貌は比較的平面で撮影しやすいが、馬蹄形のほぼ直角に弯曲する前歯部の撮影は困難で、前歯部の撮影の写りがパノラマ画像の良し悪しの判断となる。

 パノラマ撮影にはいくつかの要点があるが、できるだけ再現性の高い画像を得るために頭位の位置決めが大切である。正中矢状面を正中に合わせ、さらに頭部のローテーションがないこと、フランクフルト平面は床面に平行にし、上下の前歯の根尖位置が冠状面で一致するようにする。高齢者によく観られる頚椎の前傾斜は、頚椎の下顎正中へのゴースト画像を生むことになり、なるべく頚を伸ばした状態での撮影が望ましい。

 パノラマ読影の基本では、パノラマの解像度の数値は5LP/mm*程度である。(デンタルフィルムは10~20LP/mm)パノラマ撮影による診断は初期診断であり、次の検査項目を決めるためのスクリーニングであるから、可能性を排除できない診断名を除外してはいけない。何か異常が無いかを疑う目を養っていただきたい。パノラマ画像の特徴は、画質が低い、特に前歯部にひずみが多いが、再現性に優れ、全体の情報量を獲得するのに有効である。デジタルフィルムとアナログフィルムの情報量に大きな差はなく、あえて読影のためにアナログを選択し続ける必要はない。

 疾患の読影のポイントは以下をいつも考えるようにしたい。

  1. 位置:発現部位が歯との関連があるか、疾患の好発部位であるかどうか。
  2. 形状:円形かもしくは周囲に影響を与えているか。
  3. 大きさ:疼痛がない状態が続くと病変は拡大傾向にある。
  4. 中身:透過像か不透過像か。
  5. 境界:明瞭か不明瞭か。

 パノラマ画像より下顎下縁の皮質骨の厚みとおとがい孔下部の下顎体部と厚みの比較が手根骨の骨粗鬆スクリーニングの数値と相関があり、皮質骨の厚みに着眼することで、おおよその骨粗鬆状態も推察できる可能性がある。また下縁の皮質骨の上縁線の性状(MCI:mandibular cortical index)より(C1:正常 C2:骨線が2重、浮き上がって見える C3:不鮮明)骨状態を推察する指標になるので、下顎皮質骨の状態にも常に着眼いただきたい。

 レントゲン撮影は3次元構造物を2次元に描写しているので、いつもレントゲンの照射角度を考慮した見立てが必要である。

最後に高岡市歯科医師会会長 山田真樹先生より代居先生に感謝状が贈呈され、高岡市歯科医師会副会長 立浪徹先生の閉会のあいさつで会は締め括られた。

* LP/mm:明暗を表す1対のラインペアが1mmあたりに何本あるかという解像度を表す数値